台風から身を守る方法

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

今年も去年に引き続き、台風が猛威を振るっていますね。
今までの台風とは違い、より強力になっていると感じるのは私だけでしょうか。
今日は台風について書きたいと思います。

●台風とは

台風はたいへん大きなエネルギーをもっており、さまざまな被害をもたらします。

私たちのくらしにとってときに大きな脅威となる台風を理解することで、台風による被害を最小限に抑え、自分達の身を守りましょう。

台風とは、熱帯の海上で発生した低気圧(熱帯低気圧)のうち、最大風速(10分間平均)が17.2m/s以上となったものを「台風」と呼びます。

国際的な取り決めによって、最大風速(1分間平均)が33m/s以上のものをタイフーンと呼びます。また、最大風速がおよそ17m/s以上25m/s未満のものは、トロピカル・ストーム、最大風速がおよそ25m/s以上33m/s未満のものは、シビア・トロピカル・ストームと呼びます。

熱帯低気圧は世界の色々なところで生まれています。 これらはどこに存在するかによって名前が変わり、例えば、強い(最大風速33m/s以上)勢力をもった台風が東経180度より東に進んだ場合はハリケーンと呼ばれます。

・サイクロン・・・インド洋、南太平洋

・ハリケーン・・・太平洋(赤道より北で、東経180度より東)、大西洋

・台風(タイフーン)・・・東アジア周辺の太平洋(赤道より北で、東経180度より西)

●日本の台風何号とは?

日本では、気象庁が、毎年1月 1日以降、台風が発生した順に台風番号を付けていて、最も早く発生した台風を第1号としています。その年をいう必要がある場合には、平成○年台風第○号などといいます。なお、一度発生した台風の勢力が衰えて「熱帯低気圧」になった後で、再び発達して台風になった場合は、同じ番号を付けます。特に災害の大きかったものについては上陸地点などの名前を付けて呼ぶこともあります。

●台風が発生する場所

台風は、一年中暑い熱帯地方の北緯5度から20度くらいの海上でもっとも多く発生します。このあたりの海は海水の温度が高いため、雲ができやすく、台風が渦を巻く力もあるためです。

●台風のエネルギー源

1. 熱帯の海上にいったん空気の渦ができると、渦の中心に向かって、多く水蒸気を含んだ空気がまわりから流れ込みます。そして、上昇気流が生まれます。

2. 雲が作られ、雲は背高く成長して積乱雲にまで発達します。雲のできる過程で、水蒸気が水粒に変わります。

そのとき、非常に多くの熱を放出します。その熱がまわりの空気をあたため、上昇気流はさらに強まります。

3. これが繰り返されていくうちに、小さな渦は大きな渦にまで発達します。

これが熱帯低気圧の発生です。熱帯低気圧が発達すると台風となります。

同じ熱帯でも、大陸には熱帯低気圧はできません。これは、海から放出される莫大な水蒸気が台風のエネルギー源であるからです。

●台風(熱帯低気圧)と温帯低気圧の違い

台風は、熱帯大気という同じ性質の空気のなかで生まれて発達します。

温帯低気圧は、異なる2つの空気の衝突で生まれます。低気圧の中心からのびる前線は、異なる気団の境目です。両者の性質が異なるほど、温帯低気圧は発達します。

●台風の構造

台風は回転する巨大な空気の渦巻きです。下層では反時計回りに中心に向かって空気が吹き込みながら上昇し、上層で時計回りに噴出しています。台風の高さは発達したもので約15kmです。

●令和元年、台風第19号による被害、勢力

 台風第19号は、13日12時に北海道の南東海上で温帯低気圧に変わり、低気圧は日本から離れました。13日の最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方18メートル(30メートル)東北地方15メートル(25メートル)。13日の波の高さは、東北地方7メートル北海道地方6メートル。被害は26人死亡、21人不明、大多数の河川で堤防決壊など大きな打撃を受けました。

●台風に備える

普段からできる防災対策には、どのようなものがあるでしょうか。

台風は事前に備えができる災害ですが、台風が接近してからでは間に合わない対策もあります。

今から出来る準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう。

・家の外の備えは十分に

水害に備え、側溝や排水溝の掃除をし、水はけをよくしておきましょう。

また、屋根、塀、壁などの点検、補強も台風が来る前に普段から行っておきましょう。

・非常用品を備蓄する

ライフラインが途絶えたときの事を想定して、非常用品を備えましょう。

・家族で話し合う

家族で緊急連絡手段とその方法を話し合いましょう。

また、落ち合う場所などを決めておくといいでしょう。

・ハザードマップを入手する

家の近くに洪水のおそれのある河川があったり、低地、急傾斜地で水害や土砂災害のおそれがある場合は事前にハザードマップなどを入手しておきましょう。 ハザードマップは各市役所や区役所、役場などで入手することができます。

・近隣の建物や道路を知る

土砂災害や鉄砲水になるかどうかを見分けるためには、平常時と異常時で、濁流の流れる方向や速さの違いを普段から確認しておくと良いでしょう。道路が冠水したり浸水が始まったりしている場所では、用水路やマンホールのふたが外れていても、濁った水で見えなくなっているため、足を取られる危険性があります。

・近所の方とコミュニケーションを取る

ご近所付き合いは、救助や避難所暮らしの際に大きな力となります。特に隣近所にお年寄りがいる場合は、いざというときに支援できるようにコミュニケーションを取りあって、助け合いましょう。

災害は誰しもが遭う可能性があります。
自分は大丈夫と思うことなく、十分に備えることで、自分や大切な人の命を守ることができます。

それではまた(‘ω’)ノ