気が抜ける瞬間が最も危ない

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

今日は私の体験談をお話します。

私の体験談。

職場での出来事でした。
ある企業に入社したばかりの頃、私はひやりとしたことがありました。

普段は、いかなる場合があっても上司の指示に従い、必ず自己判断をしないようにしていたが、そのときだけはどうしても指示に従えず、別の選択をしました。

仕事のできる人間が多く集まる部署だったこともあり、他の同僚たちは誰ひとりとして上司の指示を疑わず、私ひとりだけが別の選択をすることなりました。

この身を守りたいとき、誰を信じるべきか――とても重要なことを学びました。

気が抜ける瞬間こそ慎重に

私が体験した学び、それは「気が抜ける瞬間こそが最も危ない」ということを胸に深く刻み込むような体験でした。

職場で定期的に実施される避難訓練での出来事です。
誰もが予測しないことが起きてしまいました。

膨大なデータのマニュアルを必死に学び、ひとりひとりが切磋琢磨して仕事に没頭するような職場で、気が抜けないくらい本当に忙しく、とにかくハードな毎日を送っていた時期でした。

避難訓練で一体何が起きたのか――。

それは、上司の判断ミス。

いつも通り上司が指揮をとり、部署全員を誘導しました。
しかし、上司は判断を誤り、部署にいる全員を間違った場所へと誘導してしまいました。

仕事のできる人間が多く集まる部署だっただけに、他の部署も含め、関係者全員が驚き、深く考えさせられる出来事となってしまいました。

避難訓練といえど、失敗やミスは許されません。

一歩間違えると、全員の命を危険にさらす可能性もあるといえるでしょう。

誰よりも万能なイメージと実績のある上司が指揮をとっていたため、なぜこのようなことが起きたのか、本当に誰も答えが出せませんでした。

何度も打ち合わせをし、入念なチェックを入れ、これでもかと確認しあっていました。なぜ――?

上司が皆を誘導しようとしたとき、私はなぜか、上司の指示に違和感があったことを覚えています。

新人だったあの頃の私は何事も上司の指示に従い、絶対に自己判断しないようにしていたが、そのときだけは身を任せてはいけないような不安感に襲われました。

(打ち合わせ通り、間違っていないが……なぜだろう。)

その上司の判断は、何かが抜けているような気がしました。
普段は、視界をクリアにしてくれるような的確な指示を出す上司。

でもそのときだけは、まるでパズルの大切なピースが足りないような、少し言葉では言い表せないような感覚でした。

私は念のため、皆が並ぶ最後尾にまわって、辺りを慎重に確認しながら行動することにしました。

(あの上司が間違えるはずはない。何よりも仕事ができるメンバーが集まっている。誰ひとり何も言わない。私の勘違いなのか、ここは黙って様子をみよう。)

そう判断しました。

私の判断

常識的な判断をすると、上司の立場を考え、皆の動きに合わせてそのままついていくべきだと思いました。

新人の私が、誰よりも状況判断を間違えない上司や同僚に意見することは非常識だったからです。

ただ、万が一に備え、最後尾にまわるときは、上司や皆にわかりやすいよう、少し目立つような立ち回りをしました。

なぜ、ひとりだけ出遅れて後ろにまわるのか――そう思ってもらうために。

新人だから動きが鈍い、やる気がないのかと思われそうだと思いましたが、『避難訓練』=『身を守る大切な訓練』という認識がどうも拭えず、周囲に気を使いながらも最後尾にまわって状況を見守ることにしました。

あらかじめ避難訓練のスケジュールを把握しているからこそ、新人らしく早めに業務を切り上げ、率先して列に並び、上司や同僚を待たせないのが筋だと思いましたが、どうしても出来ませんでした。

仕方がありませんでした。

とにかく、とっさの判断をするしかありませんでした。

本当に地震や火災が発生したときのために正しい避難場所に逃げられるよう、ひとりだけちゃっかり最後尾に並ぶという自己判断でした。

それが、私の選択でした。
訓練でなければ別の選択もあったかもしれません。

あのときは、右か左か進むべき通路を決める状況でした。

他に方法はあったのか、何かもっといい解決策はなかったのかどうかを問われると、とても複雑な心境になります。

ベテランに囲まれていましたが、誰ひとり疑わない状況です。

上司の説明や指示も復唱してくれるようなものでもなく、とにかく部下を急いで移動させようと余裕がありませんでした。

何度も打ち合わせをしたからこそ、そこに「間違っている」という文字すら浮かばない状況でした。

せめて、誰かに上司の言ったことを確認すべきだったのかを考えましたが、私語を慎んで速やかに行動せよという雰囲気のなかでは対応が難しかったのです。

仕事での正しい判断として考えると『上司が間違っているという確信が弱いなら自分を疑うべき』だと判断せざるを得ませんでした。

ただ、実際に地震や火災があったときの正しい判断として考えると、やはり『身を守るために逃げる』ことが重要です。

本当の災難なら、周囲の反応など気にせず、意見すべきでした。

しかし、さらなるリスクを考慮するとなると、避難移動時に「上司が間違っている」と皆に伝えることは、他の部署も巻き込んでパニックを起こす事態にもなりかねません。

慎重に対応しなければならず、難しい選択だった。

自分で判断すること

その出来事は、私に大切なことを教えてくれました。

それは、いかなる場合においても『目の前の現実を疑うこと』。

避難訓練は、命に関わる重要な事柄。どう考えても、決して間違えてはいけません。

上司のミスだった――そのひとことでは済まされません。何かあってからでは遅いんです。

手遅れになってしまいます。

だからこそ、この身を守るためには、本当に自分自身で判断して行動しなければならない。

最も恐ろしいのは、常識的な判断です。

仕事中は仕事モードのスイッチが入っているからこそ、常識的な判断になりやすいです。

周囲に合わせる、上司の指示に従う、空気を読むなど、集団社会での反射的な行動に慣れきってしまっています。

いざというとき、生命危機に対応するための生き抜く直感を置き去りにしないよう、注意しなければなりません。
目の前の現実を疑い、自分で判断することが重要となります。

その姿勢がこの身を守るのです。

生き抜くために

こういった体験をすると、生き抜くために何を心がけるべきか考えさせられてしまいます。

目の前の現実を疑って生きているか、人に判断を委ねすぎてはいないか、あらゆる事態を想定して行動しなければいけません。

避難訓練を仕事の気休めのようには捉えてはいけないです。
命に関わります。

たとえ、仕事ができるメンバーに囲まれても「皆が正しい」と決めつけず、もっと現実を疑うべきだと思いました。

周囲を疑わず合わせて生きる、それが一番危ないのです。

ただ自分だけ助かればいいのなら、後ろに並ぶ、それも選択肢の一つかもしれません。
自分だけ良ければそれでいいということはありません。

私が考えた末に出した結論は、やはり勇気を持って上司に意見具申をするということです。

そのことで上司も自分の間違いに気づくかもしれませんし、別のだれかも私の意見に賛同してくれるかもしれません。

上司が間違っている確信が弱いとか、新人だから言いにくいとか、言いにくい雰囲気とか、そういうことじゃないと思いました。

勇気を持って意見具申。
それが一番大事です。

それではまた(‘ω’)ノ

台風から身を守る方法

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

今年も去年に引き続き、台風が猛威を振るっていますね。
今までの台風とは違い、より強力になっていると感じるのは私だけでしょうか。
今日は台風について書きたいと思います。

●台風とは

台風はたいへん大きなエネルギーをもっており、さまざまな被害をもたらします。

私たちのくらしにとってときに大きな脅威となる台風を理解することで、台風による被害を最小限に抑え、自分達の身を守りましょう。

台風とは、熱帯の海上で発生した低気圧(熱帯低気圧)のうち、最大風速(10分間平均)が17.2m/s以上となったものを「台風」と呼びます。

国際的な取り決めによって、最大風速(1分間平均)が33m/s以上のものをタイフーンと呼びます。また、最大風速がおよそ17m/s以上25m/s未満のものは、トロピカル・ストーム、最大風速がおよそ25m/s以上33m/s未満のものは、シビア・トロピカル・ストームと呼びます。

熱帯低気圧は世界の色々なところで生まれています。 これらはどこに存在するかによって名前が変わり、例えば、強い(最大風速33m/s以上)勢力をもった台風が東経180度より東に進んだ場合はハリケーンと呼ばれます。

・サイクロン・・・インド洋、南太平洋

・ハリケーン・・・太平洋(赤道より北で、東経180度より東)、大西洋

・台風(タイフーン)・・・東アジア周辺の太平洋(赤道より北で、東経180度より西)

●日本の台風何号とは?

日本では、気象庁が、毎年1月 1日以降、台風が発生した順に台風番号を付けていて、最も早く発生した台風を第1号としています。その年をいう必要がある場合には、平成○年台風第○号などといいます。なお、一度発生した台風の勢力が衰えて「熱帯低気圧」になった後で、再び発達して台風になった場合は、同じ番号を付けます。特に災害の大きかったものについては上陸地点などの名前を付けて呼ぶこともあります。

●台風が発生する場所

台風は、一年中暑い熱帯地方の北緯5度から20度くらいの海上でもっとも多く発生します。このあたりの海は海水の温度が高いため、雲ができやすく、台風が渦を巻く力もあるためです。

●台風のエネルギー源

1. 熱帯の海上にいったん空気の渦ができると、渦の中心に向かって、多く水蒸気を含んだ空気がまわりから流れ込みます。そして、上昇気流が生まれます。

2. 雲が作られ、雲は背高く成長して積乱雲にまで発達します。雲のできる過程で、水蒸気が水粒に変わります。

そのとき、非常に多くの熱を放出します。その熱がまわりの空気をあたため、上昇気流はさらに強まります。

3. これが繰り返されていくうちに、小さな渦は大きな渦にまで発達します。

これが熱帯低気圧の発生です。熱帯低気圧が発達すると台風となります。

同じ熱帯でも、大陸には熱帯低気圧はできません。これは、海から放出される莫大な水蒸気が台風のエネルギー源であるからです。

●台風(熱帯低気圧)と温帯低気圧の違い

台風は、熱帯大気という同じ性質の空気のなかで生まれて発達します。

温帯低気圧は、異なる2つの空気の衝突で生まれます。低気圧の中心からのびる前線は、異なる気団の境目です。両者の性質が異なるほど、温帯低気圧は発達します。

●台風の構造

台風は回転する巨大な空気の渦巻きです。下層では反時計回りに中心に向かって空気が吹き込みながら上昇し、上層で時計回りに噴出しています。台風の高さは発達したもので約15kmです。

●令和元年、台風第19号による被害、勢力

 台風第19号は、13日12時に北海道の南東海上で温帯低気圧に変わり、低気圧は日本から離れました。13日の最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方18メートル(30メートル)東北地方15メートル(25メートル)。13日の波の高さは、東北地方7メートル北海道地方6メートル。被害は26人死亡、21人不明、大多数の河川で堤防決壊など大きな打撃を受けました。

●台風に備える

普段からできる防災対策には、どのようなものがあるでしょうか。

台風は事前に備えができる災害ですが、台風が接近してからでは間に合わない対策もあります。

今から出来る準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう。

・家の外の備えは十分に

水害に備え、側溝や排水溝の掃除をし、水はけをよくしておきましょう。

また、屋根、塀、壁などの点検、補強も台風が来る前に普段から行っておきましょう。

・非常用品を備蓄する

ライフラインが途絶えたときの事を想定して、非常用品を備えましょう。

・家族で話し合う

家族で緊急連絡手段とその方法を話し合いましょう。

また、落ち合う場所などを決めておくといいでしょう。

・ハザードマップを入手する

家の近くに洪水のおそれのある河川があったり、低地、急傾斜地で水害や土砂災害のおそれがある場合は事前にハザードマップなどを入手しておきましょう。 ハザードマップは各市役所や区役所、役場などで入手することができます。

・近隣の建物や道路を知る

土砂災害や鉄砲水になるかどうかを見分けるためには、平常時と異常時で、濁流の流れる方向や速さの違いを普段から確認しておくと良いでしょう。道路が冠水したり浸水が始まったりしている場所では、用水路やマンホールのふたが外れていても、濁った水で見えなくなっているため、足を取られる危険性があります。

・近所の方とコミュニケーションを取る

ご近所付き合いは、救助や避難所暮らしの際に大きな力となります。特に隣近所にお年寄りがいる場合は、いざというときに支援できるようにコミュニケーションを取りあって、助け合いましょう。

災害は誰しもが遭う可能性があります。
自分は大丈夫と思うことなく、十分に備えることで、自分や大切な人の命を守ることができます。

それではまた(‘ω’)ノ

消費税10パーセント時代へ突入!

2019年10月から消費税が8パーセントから10パーセントに増税されます。 

消費税の増税について不安や心配などをしている方は非常に多いのではないでしょうか。

今回は消費税というものについて改めて説明と、10%に変わることで何が起こるのかということについて説明をしていきます。

そもそも消費税とは

まずは、そもそも消費税とはどういうものかを説明したいと思います。

消費税の根拠法である消費税法は平成元年(1989年)4月1日から適用された法律です。そのため、比較的歴史の浅い税方なのです。

消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して広く公平に課税される税です。

つまり商品の販売や運送、広告などの対価を得て何かをする時の取引には課税されてしまうということです。

もっと分かりやすく言えば、皆さんが普段店で商品を買う時に商品の値段+消費税が含まれた価格で購入することです。

そうして消費者が商品を購入したり、サービスの提供を受ける際に消費税を負担し、事業者に消費税を上乗せした金額を支払っています。

事業者は消費者から預かった消費税を消費者に代わって国に納めることになっています。

このように実際に税金を負担する担税者とその税金を納める納税義務者が異なるものを間接税と言います。

消費税以外の間接税には、酒税やたばこ税、車のガソリンなどの揮発油税などがあります。

消費税には財・サービスの消費・流通に対して広く課税することによって、消費の大きさが等しければ等しい負担を課することになります。

そうすることによって、自然に税の負担能力の等しい人には等しい負担を求めることができ、税負担の水平的公平が図られています。

今までの税率

最初に消費税が適用された当時は3%でした。

しかし、少しずつ増税されており2019年10月からは10%にまで引き上げられています。

平成元年4月1日(1989年4月1日) 税率:3%

平成9年4月1日(1997年4月1日)   税率:5%

平成26年4月1日(2014年4月1日) 税率:8%

令和元年10月1日(2019年10月1日) 税率:10%

このように少しずつ税率は上がっています。

日本政府は昔から債務総額の大きさが先進国の中でも突出しており、財政の赤字を見ても分かるように、これからも少しずつ消費税を増税していくように思われます。

これからの日本の消費税は少し・・・いや、かなり不安な要素です。

できるだけ税率が低い方が消費者である私達は嬉しいですが、そうも言ってられない状況です(笑)

消費税10%により何が起こる?

今回の消費税10%に増税されることによって、今までとは大きく異なることがあります。

◎軽減税率の導入

費税率の引き上げにともない、政府は軽減税率制度を導入することです。

食品などに課す税率を8%へ軽減する措置ですが、店舗内で食べるか店舗外で食べるかに応じて軽減対象になるかどうか決まるのです。

つまり同じ食品でも、税率が10%になったり8%になったりする

のでその違いが分かり辛かったりして大混乱している状態です。

◎キャッシュレス決済がマストに?

キャッシュレス決済時のポイント還元が、当初は増税幅分の2%を還元するとされていましたが、2018年11月には「5%還元で調整する」との報道もありました。

最終的にどうなるかは不明ですがこれは恒久的な措置ではなく、2019年10月から数ヶ月間に適用される見通しです。

現段階では東京オリンピックまでの9ヶ月間とする案が有力なようです。

◎増税後に買うかどうかの判断を慎重に

こうした数々の施策がどの程度の効果を発揮するかはわかりませんが、前回と比べれば、駆け込み需要後の消費の落ち込みを多少なりとも食い止めているようです。

特に、生活必需品(酒・外食以外の食料品や新聞など)は、軽減税率の適用で価格が変化しないことになりそうなので、たとえ保存がきくものであっても、焦って買い込まなくていいと思われます。

◎住宅や自動車、家電のような高額な買い物

2019年3月31日以前に建築・工事などの請負契約を行っている場合、「経過措置」があるため、引き渡しが増税後(2019年10月1日)以降になったとしても、消費税は8%が適用されます。

過去には増税前に駆け込み需要で不動産価格が上昇し、増税後に下落する現象も見られているため、増税後に買った方が安くなるケースもあります。

またローンでの住宅購入時には、「住宅ローン減税」も適用されますが、2019年度税制改正大綱では、住宅ローン減税の控除期間の3年間延長が決定されている為、増税後に新しい住宅ローン減税を活用したほうが、支払総額を抑えられることもあると考えられます。

まとめ

この様に、増税されるからといって焦って購入し、結局増税後の方が安く買えてしまうケースや増税後でも変わらないこともあるので何を買うのかをしっかり判断してその商品がどうなるのかを自分で調べる力も必要とされています。

またキャッシュレス決済についてのもっと詳しい情報がネットには沢山あるのでぜひ調べてみてはどうでしょうか。

今回は消費税の基本的な知識や増税によってどうなるのかを説明しました。少しでも役に立てたら幸いです!

雨の日が続きますね・・・秋の長雨。

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

鬱陶しい雨の日が続きますね。私は毎日怖い顔をしてニュースの天気予報を真剣に見ています。  

なんでかって? 
そりゃ洗濯する立場ですから。              

屋外で洗濯物を干せずに乾燥機が頑張ってくれる時期ですね。 

今日は本当に雨がすごいです。午前中はあんなにいい天気だったのに…    

傘をさしていても、横からの雨でビショビショです(*´Д`)

九州では雨が降り続き、記録的な大雨になっているそうで、色々な場所で浸水などの水害が起きています。

昨年もこの時期に岡山で河川が氾濫するという水害があり、甚大な被害が出ました。

他人ごとではなく、明日は我が身と思うと、ちょっと怖いです。

雨が全然降らないことは、水不足につながり、それはそれで生活に支障をきたすので、適度な雨がいいなと思う今日このごろです。

最近、雨が続くので、これが秋の長雨というやつかな?と思い調べてみました。秋の長雨とは8月下旬から10月上旬まで雨が降り続くことを言うようです。  

そんなに長いの?

梅雨より長くない? 

梅雨と何が違うのかな?

ちょっと調べてみました。

梅雨との違い            

秋雨前線は北から南下します。逆に梅雨は南から北上します。秋の長雨はシトシトと少量の雨が降り続きます。
また、梅雨前線より秋雨前線の方が規模が小さいです。基本的に梅雨は西日本で雨が多く、秋雨は東日本で雨が多いです。
北海道に梅雨がないことをご存知でしょうか?でもそんな北海道でも秋雨はあるようです。

秋雨前線のメカニズム

☆8月の後半になると太平洋高気圧の力が弱くなり、シベリア高気圧が発達して、日本の上空まで張り出してきます。
そして、太平洋高気圧とシベリア高気圧が日本の上空でぶつかって停滞前線ができます。
それが秋雨前線です。
最後は太平洋高気圧がドンドンと押し下げられ、秋雨の時期が終わります。

夏の終わりと秋の訪れを知らせる雨。                  

ちょっと哀愁ただよう寂しげな雨。

秋の長雨の別名

◎秋雨(あきさめ)

◎秋霖(しゅうりん)

◎すすき梅雨

◎秋入梅(あきついり)

◎秋湿り

◎秋さずい

◎秋の地雨(あきのじあめ)

これだけ色々な表現があるのってなんか素敵だと思っちゃいます。

この秋雨の時期って台風が来ることが多いですよね。秋雨前線と台風が同時に来ると雨、風で大変な被害を及ぼすことがあるようです。
今日なんて台風きてないけど、台風のような雨と風です。

まさに豪雨。

まだまだ暑い日も続きますが、この秋の長雨が終われば、涼しく過ごしやすい秋がやってきます。
食欲の秋、読書の秋と、とても楽しみですね。

それではまた(‘ω’)ノ

熱中症の原因と対策。

暑い夏、あなたは熱中症対策できていますか?

近年、夏の時期に「熱中症で倒れた」・「病院に搬送された」というニュースを毎日のように聞くようになりました。

どうしてこのようになっているのか、また、対策法などをまとめて紹介していきます。

熱中症の起こり方

まず注意したいのは、熱中症には4つの分類がされていてそれぞれの症状をまとめて熱中症と言います。

①熱失神

症状:めまい、失神などが起きます。

主な原因:高温や直射日光によって血管が拡張し、血圧が下がることによって生じます。

②熱痙攣

症状:暑い中での運動や作業中に起こりやすく、痛みを伴った筋肉の痙攣など、脚や腹部の筋肉に発生しやすいです。

主な原因:汗をかくと水分と一緒に塩分が失われます。血液中の塩分が低くなり過ぎて起こる症状です。水分を補給しないで活動を続けた時は勿論、水分だけを補給したときにも発生しやすくなります。

③熱疲労

症状:沢山の汗をかき、皮膚は青白く、体温は正常かやや高めになりまめい・頭痛・吐き気・倦怠感を伴うことが多いです。

主な原因:体内の水分や塩分不足、いわゆる脱水症状によるものです。死に至ることもある熱射病の前段階とも言われ、この段階での対処が重要となります。

④熱射病

症状:汗をかいておらず、皮膚は赤く熱っぽく、体温は39℃を超えることが多いです。めまい・吐き気・頭痛・意識障害・錯乱・昏睡・全身痙攣などを伴うこともあります。

主な原因:水分や塩分の不足から体温調節機能が異常をきたした状態です。そのままでは死に至ることもあります。極めて緊急に対処し、救急車を手配する必要があります。

このように、熱中症とは言っても症状はそれぞれ異なってきます。

身の回りの人に熱中症の疑いがあるような時があった場合は、この症状などを考えて早急に対処できるようにしておきましょう。

熱中症の対策

対策と対処方法を紹介していきます。

先程の熱中症発生の原因と予防対策を分かりやすくまとめたのがこちらです。

☆どのような環境下で起こりやすいのでしょうか。

◎湿度が高い

◎風がない

◎冷房機器不使用

◎健康状態がよくない

◎体調が悪く、疲労している状態

◎睡眠不足

◎暑さへの慣れ

◎衣服の状況(涼しくない格好をしている)

☆予防対策

◎エアコン、扇風機を上手に利用する

◎部屋の温度を計る

◎部屋の風通しを良くする

◎こまめに水分補給

◎涼しい服にする

室内でも特に、お風呂場・洗面所は洗濯機の乾燥機などで熱がこもりやすく、湿気もあります。

このような場所で長時間過ごすときは注意が必要です。

家の中でも上階の方がより熱がこもりやすく危険です。

窓がある場合は、窓を開ける・冷房をつけるなどをして環境を安全な風に整えましょう。

水分補給に適した飲み物で補給しましょう。

お茶やアルコールには利尿作用があります。

その為、身体の中にある水分を外に出してしまうので水分の補給には適していません。

汗には塩分(ナトリウム)などの電解質が多く含まれています。

水だけで補給しても熱中症の予防にはならないので、0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液を摂るようにしましょう。

意外な注意事項

熱中症になる人の多くが、自覚がないのです。

自分は大丈夫と思っていても、熱中症になる可能性は十分あるので油断はしないようにしましょう。

また、室内にいると喉の渇きを感じにくくなったりする場合があります。喉が渇いたと感じていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。

高齢者はトイレの回数が気になって、水分補給を控えてしまいがちになる事があるので特に注意をしましょう。

そして寝ている間でも汗をかき、一晩でコップ一杯分の水分が身体から失われてしまいます。汗をかいた事が分かりにくいお風呂上りや寝る前にもしっかり水分補給をしていきましょう。

睡眠不足も熱中症のリスクにつながりやすいので夜更かしはせずに早めの睡眠を心がけていきましょう。

もう一度言いますが、熱中症になる人の多くは自覚がありません。

喉が渇いたと感じる前に積極的に水分補給をしていきましょう。

熱中症に気を付けて、快適に健康に生活していきましょう!