悲しみに暮れる沖縄・すべてを焼き尽くした首里城の火災

みなさん、こんばんは。

非常に残念なニュースが飛び込んできました。
沖縄の首里城が全焼してしまいました。

沖縄の象徴とも言える首里城。

どのような思いでこのニュースをご覧になられましたか。

私も過去に一度だけ行ったことがあります。
首里城はとても綺麗で日本の建築物とは思えないような異世界に来たような感覚に陥ったことをまるで昨日のことのように思い出しました。

ニュースの映像などで炎に包まれて激しく燃える首里城を見て、皆さん、残念で寂しい思いになったことと思います。

首里城とは

首里城は琉球王国の城で、沖縄県那覇市首里金城町にあり、首里城跡は2000年に世界遺産に登録されました。

建築された年代ははっきりしませんが、13世紀末から14世紀ぐらいに建築されたと考えられています。
首里城は過去に何度も戦などで焼失しています。
太平洋戦争時には、旧日本軍の総司令部が首里城の下に置かれていたため、アメリカ軍の集中砲火を浴び、完全に焼失しました。
今回、火災に遭った現在の首里城は戦後に再建築されたものでした。

令和元年10月31日、火災発生

午前2時41分に警備会社から「首里城から火がでている」と119番通報がありました。
消防車53台、消防隊員171人による懸命な消火活動が行われましたが、火の勢いは弱まらず、約4200㎡が焼失。火は8時間後に鎮圧、11時間後の午後1時30分ごろに鎮火しました。

火は正殿の内部から出たと見られています。

警備員の発見状況は、正殿内部の火災報知器が作動したため、確認に行った警備員がシャッターを開け、内部はすでに煙が充満していたとのことです。

警備員により119番通報、消火器による消火活動が行われたようですが、すでに消火器では間に合わないほど火が回ってしまっていたようです。

首里城の正殿は首里城の中でも最大の木造建造物です。火は正殿から周りの建物にも燃え広がりました。

当時の風速は3.5メートルでした。
風速3.5メートルはそんなに強い風ではありません。
緩やかに風が吹いている状態です。しかし、高い土地に建てられている建築物なので、風通しはとても良いと思われます。
火の粉は周辺にも大量に降り注いで、近隣住民の方々には避難指示が出されていたそうです。

首里城には、内部から出火することが想定されておらず、スプリンクラーの設置はありませんでした。

消防の話では、木造の首里城の外側には漆が塗られており、漆に火がつくと消火しにくいということもあるそうです。

出火原因は現在のところ不明ですが、首里城では10月27日から首里城祭が開催されており、この祭りで首里城の敷地内をキャンドルで照らす「万国津梁の灯火」というイベントが行われる予定で準備が進められていたとも報じられています。

今回の火災では、怪我人や死者が出なかった点については、不幸中の幸いと言っていいでしょう。

警察と消防には一刻も早い原因究明をお願いしたいです。

火事の怖さ

火事はいつ誰の身にも起こる災難です。いつ起きてもおかしくないものですが、火事が起きるリスクを最小限にすることも大切です。

火事の原因は放火、タバコ、コンロ、電気配線など様々です。

自分で防げるものはいいですが、なんと火災の原因で1番多いのは放火なのです。
放火を防ぐことは、なかなか難しいかもしれませんが、家の周辺に燃えやすいものを置かないなど、放火しやすい環境を作らないことが大事です。

また万が一、火災が起きるということも想定して、火災報知器の設置、消火器の設置は一般住宅でも最低限の備えだと言えるでしょう。

私の家も大きな消火器を置いています。初期の火災であれば、消防隊が来るまでに消火できる可能性があります。

消防隊が来るまでに初期消火ができなければ、燃え広がって全焼する可能性もあります。命の危険がない程度で、できる初期消火はするべきだと私は考えています。

なにはともあれ、人命が第一です。身の危険を感じたら、何も持たずに逃げましょう。

死んでしまったら、元も子もないですから。
それではみなさん、火の用心をして下さい。

それではまた(‘ω’)ノ

zozotown買収劇の裏側!前澤社長の今後の策略とは?

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

みなさんは自分が会社の経営者の立場だとしたら、会社を売ることについてどう思いますか?

記憶に新しいと思いますが、あのzozotownの前澤さん。
前澤さんはYahooに買収され、社長も退任という報道がされました。

本記事では会社を売ることについてやzozotownの前澤さんについてまとめていきたいと思います。

ソフトバンク傘下のYahoo!は衣料品通販サイトの「ZOZOTOWN」を運営する株式ZOZOを約4000億円で買収すると発表しました。

ここで改めて企業買収について詳しく触れてみようと思います。

企業の買収とは

日本企業による企業買収は、年々増加しています。

その背景は少子高齢化による人口減少で、国内市場が飽和状態になってきている現状があるからです。

国内の需要に依存してきた企業が成長を続ける為に必要なことはグローバル展開であることは明確であり、それを行うには企業買収がスピーディに実現できる選択としてあるからです。

中堅・中小企業は後継者の不在が深刻な問題となっていることもあり、企業買収されることを望む声は数多く上がっています。

買収とは具体的に説明すると、ある企業が他の企業を支配する目的で、発行済株式を過半数買い取る意味で使われます。過半数の株式を獲得すると「子会社式」とも呼ばれます。

例外的に発行済株式の半分以下での買取りでも、一定の要件に該当すると実質支配基準によって「子会社式」になるケースもあります。

通常、議決権を有する株式の過半数で、普通決議による決定事項を自由に決めることができるようになる為、日常的な事業運営をコントロールする目的であれば過半数の株式取得を目指すのが一般的です。

さらに、3分の2以上を獲得すれば、特別決議による決定事項(定款変更や組織再編など)も含めた、ほとんどの経営権を支配することが可能です。

これにより、少数の株主を強制的に排除することができる「スクイーズアウト」も検討できるようになります。

このように企業買収とは複雑で難しいですよね。

ただ一つだけしっかりと覚えておきたいポイントがあります。
それは企業買収には、友好的買収と敵対的買収があることです。

買収者と買収される会社の経営陣との合意に基づいた買収が「友好的買収」です。

逆に買収のターゲットとなった会社の経営陣の意に沿わない買収者が、対象会社の株式を買い集めるのが「敵対的買収」です。

日本で行われているほとんどは友好的買収のようです。

今回の株式ZOZOとYahoo!は友好的買収と言っていいでしょう。

本質を理解していない人達の見解

今回の株式ZOZOが買収されるということについてSNSでは「前澤社長は堕ちたな」というような投稿がいくつか見られました。

確かに前澤社長は限界を感じていたなどというコメントもしていましたが、創業してあそこまで巨大な規模に育ててみせた経営は本当に凄いです。

現実は起業した会社が1年残っている確率は半分、10年後は5%、30年だと0.02%だと言われています。

業種により多少の差はありますが、このような厳しい世界です。

前澤社長は1995年に創業し、創業当初は洋楽のCDやレコードの通信販売を行っていました。

そこから2019年まで色々なことをして生き残って、結果的にYahoo!に買収という形で社長を退任することになりましたがこれは大成功以外、表しようがない功績です。

また前澤氏はZOZOの株式の36.76%をもつ筆頭株主でした。今回、Yahoo!に売却して売却額は2500億円近くに上るとも言われており一般人からしたら考えられないような資産を持ちました。

繰り返しになりますが、前澤氏は成功者です。

SNSで、これまでの功績を讃えるような投稿がもっと見られるといいですね。

ZOZOTOWN買収の裏側とYahoo!の今後

Yahoo!は検索サービスから広告収益を得るビジネスモデルを構築して成長してきましたが、Googleの出現以降Yahoo!は競争力を低下させてしまいました。

その後はEC事業の強化に取り組むも楽天やアマゾンとの差は依然、開いたままです。

今回のZOZOの買収でECビジネスを強化し、同分野で国内トップの地位を手に入れたいと考えているように思われます。

ZOZOの前澤友作氏は現体制よりも傘下に入った方が成長できるとの判断で決断したようです。

Yahoo!は近年、焦りが見られアスクルの社長再任などに反対するなどもあり関係がこじれることもありました。今後は ZOZOとYahoo!の組織をどのように調和させ、組織全体を一つにまとめることができるかが注目されるようになっています。

今回はZOZOTOWNの前澤氏についてや企業の買収について、Yahoo!の今後をまとめてみました。

また、前澤氏はロケットや1億円のプレゼントなど沢山のユニークなことをしてきました。今後もまた新しく何かを始めるかもしれないので期待しておきましょう。

それではまた(‘ω’)ノ