熱中症の原因と対策。

暑い夏、あなたは熱中症対策できていますか?

近年、夏の時期に「熱中症で倒れた」・「病院に搬送された」というニュースを毎日のように聞くようになりました。

どうしてこのようになっているのか、また、対策法などをまとめて紹介していきます。

熱中症の起こり方

まず注意したいのは、熱中症には4つの分類がされていてそれぞれの症状をまとめて熱中症と言います。

①熱失神

症状:めまい、失神などが起きます。

主な原因:高温や直射日光によって血管が拡張し、血圧が下がることによって生じます。

②熱痙攣

症状:暑い中での運動や作業中に起こりやすく、痛みを伴った筋肉の痙攣など、脚や腹部の筋肉に発生しやすいです。

主な原因:汗をかくと水分と一緒に塩分が失われます。血液中の塩分が低くなり過ぎて起こる症状です。水分を補給しないで活動を続けた時は勿論、水分だけを補給したときにも発生しやすくなります。

③熱疲労

症状:沢山の汗をかき、皮膚は青白く、体温は正常かやや高めになりまめい・頭痛・吐き気・倦怠感を伴うことが多いです。

主な原因:体内の水分や塩分不足、いわゆる脱水症状によるものです。死に至ることもある熱射病の前段階とも言われ、この段階での対処が重要となります。

④熱射病

症状:汗をかいておらず、皮膚は赤く熱っぽく、体温は39℃を超えることが多いです。めまい・吐き気・頭痛・意識障害・錯乱・昏睡・全身痙攣などを伴うこともあります。

主な原因:水分や塩分の不足から体温調節機能が異常をきたした状態です。そのままでは死に至ることもあります。極めて緊急に対処し、救急車を手配する必要があります。

このように、熱中症とは言っても症状はそれぞれ異なってきます。

身の回りの人に熱中症の疑いがあるような時があった場合は、この症状などを考えて早急に対処できるようにしておきましょう。

熱中症の対策

対策と対処方法を紹介していきます。

先程の熱中症発生の原因と予防対策を分かりやすくまとめたのがこちらです。

☆どのような環境下で起こりやすいのでしょうか。

◎湿度が高い

◎風がない

◎冷房機器不使用

◎健康状態がよくない

◎体調が悪く、疲労している状態

◎睡眠不足

◎暑さへの慣れ

◎衣服の状況(涼しくない格好をしている)

☆予防対策

◎エアコン、扇風機を上手に利用する

◎部屋の温度を計る

◎部屋の風通しを良くする

◎こまめに水分補給

◎涼しい服にする

室内でも特に、お風呂場・洗面所は洗濯機の乾燥機などで熱がこもりやすく、湿気もあります。

このような場所で長時間過ごすときは注意が必要です。

家の中でも上階の方がより熱がこもりやすく危険です。

窓がある場合は、窓を開ける・冷房をつけるなどをして環境を安全な風に整えましょう。

水分補給に適した飲み物で補給しましょう。

お茶やアルコールには利尿作用があります。

その為、身体の中にある水分を外に出してしまうので水分の補給には適していません。

汗には塩分(ナトリウム)などの電解質が多く含まれています。

水だけで補給しても熱中症の予防にはならないので、0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液を摂るようにしましょう。

意外な注意事項

熱中症になる人の多くが、自覚がないのです。

自分は大丈夫と思っていても、熱中症になる可能性は十分あるので油断はしないようにしましょう。

また、室内にいると喉の渇きを感じにくくなったりする場合があります。喉が渇いたと感じていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。

高齢者はトイレの回数が気になって、水分補給を控えてしまいがちになる事があるので特に注意をしましょう。

そして寝ている間でも汗をかき、一晩でコップ一杯分の水分が身体から失われてしまいます。汗をかいた事が分かりにくいお風呂上りや寝る前にもしっかり水分補給をしていきましょう。

睡眠不足も熱中症のリスクにつながりやすいので夜更かしはせずに早めの睡眠を心がけていきましょう。

もう一度言いますが、熱中症になる人の多くは自覚がありません。

喉が渇いたと感じる前に積極的に水分補給をしていきましょう。

熱中症に気を付けて、快適に健康に生活していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です