WBSS決勝(井上尚弥VSノニト・ドネア)

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

ボクシングのWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)バンタム級決勝戦(井上尚弥VSノニト・ドネア)が2019・11・7、さいたまスーパーアリーナで行われました。

世界中が注目するこの試合を楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか。試合結果は、12ラウンド判定で井上尚弥選手が勝利しました。

これで井上尚弥はWBSSバンタム級王者となりました。

大変すばらしい試合でした。

試合内容は

1ラウンド

両者が激しく打ち合う場面も見られましたが、両者ともよく見ておりクリーンヒットはほとんどありませんでした。ものすごい緊張感で3分間がすごく早く感じられました。

2ラウンド

井上選手の左フックが何度か当たりましたが、ドネア選手の左フックの有効打をもらい、右目の上から出血しました。ドネアのパンチ力の強さがうかがえました。

3ラウンド

ドネア選手が井上選手の出血をチャンスとみたのか、たたみかけるように圧力をかけていったが、井上選手は上手くかわして距離を取り、確実に小さく相手の顔面とらえていきました。

4ラウンド

両者ゆずらずで、ところどころでドネアのパンチをもらい、井上選手の目の上の傷が再び出血していました。

5ラウンド

ドネア選手の大振りのパンチをかわしながら、小さく当てていくようなスタイルでポイントを重ねました。
終盤は井上選手のパンチがかなり当たり、たたみかける場面があり、あと一歩という感じのところで、ドネアはゴングに救われました。

6ラウンド

ドネア選手の動きが悪くなってきたような気がしましたが、まだまだ力を残しており、左フックのカウンターを大振りで狙ってくる状況もありました。井上選手のカウンターが入る場面もありました。

7ラウンド目

激しい攻防。まだまだ油断は禁物という状況でした。

8ラウンド

ドネア選手から何度か顔面にパンチをもらい、目の上の出血がひどくなりました。井上選手も出血で同様したのか、このラウンドはドネアが優勢でした。
出血でレフェリーストップにならないかヒヤヒヤしました。

9ラウンド

ドネア選手のクリーンヒットを何度かもらい、井上選手がかなり危ない場面もありました。

10ラウンド

井上選手が攻める攻める。五分の攻防でしたが、終盤井上選手がかなり追い込む場面もありました。

11ラウンド 

井上選手が左ボディをクリーンヒットさせ、ダウンをとりました。そこから井上選手の猛打で倒れないのが不思議なぐらいでした。
このラウンドで決めて欲しい、そんな思いでした。

最終12ラウンド

井上の優勢で進んでいきました。ドネア選手も最後まで力を振り絞って戦いました。

手に汗握る試合で、本当に感動と興奮でした。
本当に両選手には「ありがとう」と伝えたいです。

井上尚弥選手についてまとめました

出  身  神奈川県座間市

階  級  バンタム級

身  長  165cm

生年月日  1993年4月10日 

年  齢  26歳

血液型   A型

戦  績  18戦(18勝0敗、16KO)

タイトル  WBA世界バンタム級王者

      IBF世界バンタム級王者

      元WBO世界スーパーフライ級王者

      元WBC世界ライトフライ級王者

所  属  大橋ボクシングジム

事務所   ホリプロ

井上尚弥選手は小学校1年生から父親が経営する井上ボクシングジムでボクシングを始めました。父親が元アマチュアボクシングの選手で、井上選手は父親の指導の下で練習に励んでいました。

小学校6年生の時に初めて試合をし、全国大会で中学生を相手にRSC(プロでいうTKO)勝利をしました。この頃からすでにモンスターの片鱗を伺わせますね。

中学校3年生の時には、第一回全国U-15大会で優秀選手に選ばれました。

高校時代の成績は

高校1年生

  • インターハイ優勝
  • 国体優勝
  • 選抜大会優勝
  • アジア選手権で銅メダル

高校2年生

  • 世界ユースベスト16
  • インターハイベスト8
  • 国体優勝
  • 全日本アマチュア選手権準優勝

高校3年生

  • インドネシア大統領杯で金メダル
  • 世界選手権でベスト16
  • インターハイ優勝
  • 全日本選手権優勝

と輝かしい戦績を残しています。

高校卒業後は、大橋ボクシングジムに入門し、プロに転向しました。

プロでの戦績は

2013年8月25日、日本ライトフライ級チャンピオンの田口良一と対戦し判定勝ちで日本王座を獲得。

2013年12月6日、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦で、へルソン・マンシオと対戦し、5R、TKO勝ちで東洋太平洋王座を獲得。

2014年4月6日、WBC世界ライトフライ級チャンピオンのアドリアン・エルナンデスと対戦し、6R、TKO勝ちで世界ライトフライ級王座を獲得

2014年9月5日、WBC世界ライトフライ級13位のサマートレック・ゴーキャットジムと対戦し、11R、TKO勝ちで初防衛。 

2014年12月30日、WBO世界スーパーフライ級王者のオマール・ナルバエスに挑戦し、2R、TKO勝ちで、世界スーパーフライ級王座を獲得。
二階級制覇を果たす。

2015年12月29日、WBO世界スーパーフライ級のワーリト・パレナスと対戦し、2RにTKO勝ちで初防衛。

2016年5月8日、WBO世界スーパーフライ級のデビット・カルモナと対戦し、判定勝ちし、2度目の防衛。

2016年9月4日、WBO世界スーパーフライ級のペッバーンボーン・ゴーキャットジムと対戦し、10R、KO勝ち。
3度目の防衛。

2016年12月30日、元WBA世界スーパーフライ級王者でWBO世界スーパーフライ級10位の河野公平と対戦し、6回、TKOで4度目の防衛。

2017年5月21日、WBO世界スーパーフライ級のリカルド・ロドリゲスと対戦し、3R、TKOで5度目の防衛。

2017年9月9日、WBO世界スーパーフライ級7位のアントニオ・二エベスと対戦し、6Rで相手の棄権。
6度目の防衛。

2017年12月30日、WBO世界スーパーフライ級6位のヨアン・ボワイヨと対戦し、3R、TKO勝ち、7度目の防衛。

2018年5月25日、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルと対戦し、1R、TKO勝ち。
3階級制覇。

2018年7月11日、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)に出場を発表。

2018年10月7日、WBSS、1回戦はWBA世界バンタム級4位のファン・カルロス・パヤノと対戦し、1R、KO勝ち。

2019年5月18日、WBSS、準決勝はIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲスと対戦し、2R、TKO勝ち。

2019年11月7日、WBSS、WBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネアと対戦し、判定の末、WBSSバンタム級初代王者獲得。

井上尚弥選手は、ドネア選手と激闘の結果、右目眼窩底骨折、鼻骨骨折したそうです。
出血はかなりのマイナスだったはずです。

そんな怪我を負いながらも勝利した井上選手は、本当にすごいの一言に尽きます。
今後も素晴らしい試合を見せて下さい。

それではまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です