ラグビーワールドカップ2019 ~ルールのおさらい~

みなさん、こんにちはヽ(^o^)丿

今年の秋開催されたラグビーワールドカップは、日本で開催されたこともあり大いに盛り上がりました。

これを機にラグビーに興味を持った人も、多いのではないでしょうか?

かくいう私も、今回でラグビーのルールを知り、楽しんでラグビーワールドカップ2019を観戦した一人です。

ラグビーは日本人にとって、あまり馴染みのないスポーツでルールがいまいち分かりませんよね。

今回はラグビーの基本的なルールや違反のおさらいと、ラグビーワールドカップについて触れてみましょう。

ラグビーの基本ルール

人数→1チーム15人。控えは8人で「リザーブ」と言ったりします。それぞれポジションが あり、フォワード(FW)8人とバック(BK)7人に分けられます。 試合時間→前半、後半ともに40分で行われます。ハーフタイムは15分以下です。そして試合が終了することを「ノーサイド」といいます。

ボールは基本的に、前にパスしてはいけません。前に進みたければ自分で持って走るかキックをします。パスをするときは後ろだけです。

相手が前進してくればこちらは、タックルでディフェンスします。

ラグビーの得点

ラグビーには、様々な得点方法があります。

一番有名な得点方法が「トライ」です。

このトライでは、5点の得点を獲得できます。 それでは、どうすればトライが取れるのでしょうか?

まず両チームのフィールドの両端にゴールラインと呼ばれる、線があります。

ボールを持ってこの線を超えて抑えれば、トライです。

つまり投げるのではなく、走って持っていくと言った感じでしょうか。

トライをすれば、5点が入り、そしてその後、トライ地点の延長線上でゴールキックを行うキック権が与えられます。
このゴールキックが「コンバージョン」と呼ばれます。
延長線上であれば、どこからでも蹴れるので、端っこにトライするよりは、真ん中にトライした方が「コンバージョン」が正面から蹴れるので、成功率が高くなります。

これが決まると2点の得点を獲得できるので、実質7点相手と差をつけることができるのです。

この「コンバージョン」は誰が蹴ってもいいので、ゴールキックの上手い選手が蹴ることが多いです。

さらにペナルティゴール(3点)認定ペナルティトライ(7点)もあります。

ペナルティゴールは、相手の反則が起きた場所からキックしてゴールした場合をいいます。

ペナルティトライはディフェンス側のトライに対する故意の反則に対して行われるもので、7点が入ることになります。

そして「ドロップゴール」という得点方法もあり、これは弾んだボールをキックして、ゴールポストに入れるものです。

これが決まれば、3点の得点を獲得できます。

スクラム

ラグビーといえば、有名なセットプレーでもある「スクラム」です。 FWの選手8人が固まって、相手のFWとぶつかり合い押し合うことですね。

スクラムは軽い反則があった後や、競技の停止があった後、早くそして安全に、さらにに公平にプレーを再開するために行われるものです。

わざとこのスクラムを崩すと、反則の対象です。

この反則を「コラプシング」と言います。

そして重い反則があった場合には、ペナルティキックが与えられます。

サッカーと同じで、ペナルティキックは直接ゴールを狙うことができます。

反則について

よくある反則として、「ノックオン」というものがあります。

これは選手が誤ってボールを自分の前方に落としてしまうことを言います。

このノックオンが、ラグビーの試合の中で一番多い反則です。

ラグビーは相手にタックルすることで、相手の攻撃を防ぎますがこのタックルは肩より上をタックルすることは、ルール上禁止されています。

この反則を「ハイタックル」と言います。

さらにサッカーと同じくボールよりも前方にいる選手がプレーに参加すると、オフサイドの対象になります。

オフサイドは、相手ボールのペナルティキックになるので避けておきたいところです。

そしていくつか反則を取られた選手には「シンビン」と呼ばれる一時的(10分間)な退出を 命じられることがあります。

こちらもサッカーと同じで、イエローカード2枚です。レッドカードであれば、1枚で即退 場です。

ラグビーワールドカップについて

今年のラグビーワールドカップはみなさん知っての通り、日本で開催されました。 参加数は選ばれた20カ国の、ラグビーの強豪国です。

20カ国の総当たりのリーグ戦から始まり、各プール上位2カ国の、合計8カ国が決勝トーナ メントへ進むことができます。

実はこのラグビーワールドカップですが、1987年に初めて開催されたまだまだ新しい大会なんです。
しかし現在では、オリンピック、サッカーのワールドカップと並び、「世界3大スポーツ大 会」の1つに数えられているほど有名な大会になりました。

そして今大会の日本大会は、アジア初の大会でした。

世界ランキングについて

今大会では、南アフリカが世界ランキング第一位のイングランドを下し、3年ぶりに優勝し ランキングも更新されました。

現在の世界ランキング(5位まで)がこちらです。 1位 南アフリカ

2位 ニュージーランド

3位 イングランド

4位 ウェールズ 5位 アイルランド

ちなみに日本は、第8位にランクインしています。

ベスト8に入っているということは、日本もラグビーの強豪国と言ってもいいんじゃないでしょうか。

まとめ

今回のワールドカップで大活躍の日本チームを見て、さらにラグビーの人気は高まり今後のラグビー人口は増えていくでしょう。

また次の4年後の2023年は、フランスで開催されることが決まっています。 今よりもさらに日本チームが、活躍するのを期待しておきましょう。

それではまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です